理想のアイドル像を表現する

アイドルになるためには、素の自分ではない部分を意図的に作り上げることが大切です。アイドルは応援してくれるファンがいるからこそ仕事ができますので、ファンの人のことを考えたアイドル像を見せていかなければなりません。そして、それはアイドルになるためのオーディションにおいてとても共通することです。

一番星

たとえば、アイドルとして売り出していこうとしている事務所のオーディションだったら、その方向性に見合ったキャラ作りをしていかなければなりません。それは、元気で明るい女の子、クールでカッコイイ女の子、あえて普通っぽい女の子などいろいろなタイプに分けられます。そのどれを求められているのかをオーディションで素早く察し、ある程度は作っていくことが大事です。あまりにも素の自分とかけ離れていたらわざとらしくなってしまうかもしれませんが、多少大げさに表現することくらいはテクニックとして覚えておかなければならないです。

また、アイドルは服装や小物も重要で、ダークで重々しい印象を与えるブラックやグレーの服装はあまりしないほうが良いです。アイドルらしい明るいカラーの服装が好ましく、さらにアピールできるような小物をつけていると審査する人の目に留まりやすくなります。
アイドルも今は身近な個がいいって言いますしね!

さらに、目をぱっちり見せるためのメイクをしたり、普段はメガネでもコンタクトレンズをしてみたりなど、目を強調すると魅力的に見えます。ですので、オーディションでは理想のアイドル像をハッキリと表現することが大切です。
スターバンク